ERRY(エリー)くんにハマっっちゃってます!

三代目JSBの中でも異彩を放っているのがハーフでもあるエリーくんですよね!!
外国人譲りの顔の濃さとダンスの実力は三代目JSBの中でもピカイチだし。
そんなエリーくんを育てた家族ってどんな方たちなのかって調べてみましたー!!

Sponsored Link

エリーの魅力

魅力6

<プロフィール>
本名  : エリオット・ロシャード・昂矢
血液型 : A型
誕生日 : 1987年9月21日
出身地 : 青森県三沢市
身長  : 172cm
家族構成: 父、母、弟

まずエリーくんってどんな魅力なのかってゆうところからね。

 

エリーくんの魅力でまず感じるのはレベルの高いダンス!

 

三代目JSBの中でもダンスを始めたのは遅い方なんですけど、ほかのメンバーにも劣らないダンスの実力を持っています。
そのダンスをするときの色気にやられる女性も多いはず!

 

シビれます。

ダンス

 

また、エリーは見た目が少し怖い印象を持ちがちですが、実はすっごく優しくてムード―メーカーの一面もあるんです。

 

普段は明るくて人懐っこいピュアな性格だともメンバーから言われていました。
その見た目とのギャップがいいと評判!!

 

 

 

また、エリーくんは三代目JSBとしての顔とは別の顔を持っています。

それはラッパー“CRAZY BOY”です。

 

その名前の通り、激しいラップパフォーマンスを売りにしています。
三代目JSBとしてのエリーさんとは違った一面が見られるのも魅力の一つになっています。

 

 

 

父親や家族詳細

父
それではエリーさんの家族がどんな人なのか見ていきましょう。
エリーの家族は両親と弟の4人家族です。

母親が日本人で、父親がアメリカ人で、父親はカーロス・エリオットという人物なのですが、実は元プロボクサーなんです。

 

もともとは軍人として働いていたようですが、青森県の三沢飛行場勤務のかたわら「八戸帝拳ジム」に所属し、プロボクサーとしてデビュー。

 

そして1985年に日本スーパーウェルダー級で王座を獲得し、1987年にはOPBFスーパーウェルダー級の王者に輝きました。もはや日本では、彼の強打を対戦相手が避けてしまい、戦う相手がいなくなるほどだったの強さだったそうです。

 

しかし、1991年にWBA世界スーパーウェルダー級王座決定戦に挑戦するも、KO負け。
その後、引退を発表したそうです。

 

アジアでは負けないお父さんのようでしたが、世界の壁は高かったようですね。お父さんがプロボクサーをしていたので、ガタイがとてもいいですね。エリーくんのガタイの良さもお父さんから。

 

写真でも分かりますけど、厳しいけどすごく優しそう。そんな内面もきっと遺伝したんだなって。

 

 

 

弟どんな人?

弟
エリーの弟はエリオット・ロシャード・力矢といいます。

 

ちなみにエリーの本名はエリオット・ロシャード・昂矢です。

そのエリーの弟は、実はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEというグループに所属し、LIKIYAという名前のパフォーマーとして活躍しています。

 

名前から見てもわかるようにEXILEのグループで、兄弟でEXILEの一員として活躍しています。

 

 

兄弟で同じ事務所で、グループで同じパフォーマーとして活動しているなんて驚きました。

どうやら兄であるエリーさんの影響を受けて、ダンスを始めたとのこと。
兄弟そろってEXILEの一員なんてほんとかっこいい!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Sponsored Link