スポンサーリンク

2017年もツアーを始め大活躍の三代目。

彼らを応援することを楽しみにしているファンの方々にとって、間近で観られるライブは最高の時間!

そんなライブで恒例だった演出の中でも人気があった、フリスビーが中止されることとなりました。

これはファンの方々にとってはショックなお知らせではないでしょうか…。そもそもなぜフリスビーを投げなくなったのか?まとめてみました!

スポンサーリンク

三代目ライブでフリスビーを投げ入れるようになった経緯

大人気の演出フリスビー。これは、LDH所属のアーティストのライブでは恒例になっていました。

中でも三代目ファンはとても楽しみにしていて、フリスビーゲットした人は嬉しそうにSNSに投稿していたのをよく目にしました。

メンバーやスタッフでライブの構成を話し合い、ファンに喜んでもらうために始めたフリスビー演出だそうです。

 

フリスビーはLIVEが盛り上がってきて、それぞれのメンバーが自分の自筆サイン入りのフリスビーを投げてもらえます!

しかも、運が良い人はたまに、メンバーのメッセージ付きだったりもします。

席が後ろの人も身近に感じられる、とてもファンにとっては楽しみな演出でした…。

 

 

臣くんが投げない理由

三代目メンバーの中でも、1番先にフリスビーを投げなくなったのは臣くんでした。

他のメンバーが投げているのに、臣くんだけは笑顔で手を振るだけで投げない…。

臣くんファンは疑問に思ったことでしょう。これには理由があったのです。

 

①フリスビーが売られていた

某オークションサイトで臣くんが投げた直筆サイン入りのフリスビーが、20万円の高値で売買されていたという噂があります。

フリスビーはライブでもキャッチできる人はほんのひと握り。

とても貴重な物ですから、その高値でも欲しい人がいます。

しかし、本当に好きなアーティストの貴重なフリスビーを売る、という心境に疑問を抱く人も。

かなり話題になったそうなので、スタッフやメンバーの耳にも入ったのでしょうか?

 

ファン同士のケンカ、けが人など

フリスビーをキャッチする際に、手を伸ばして周りの人にぶつかったり、隣の人を押し倒してしまったりと、トラブルが多いのも確かだそうです。

また、同時に受け取って取り合いになり、ファン同士で喧嘩になることも珍しくないんだとか…。

中には子どももおされてしまったりしていたそうです。

 

ひどい目にあった方は、お腹を殴られたり蹴られたりして、救急車で搬送されたとか…!

スポンサーリンク

みんな三代目が好きでライブに足を運んでいるのですから、欲しいですよね。

気持ちはよくわかるのですが、ステージから見ている三代目メンバーも、争うファンを見たくなかったのでは?という声が聞こえています。

 

フリスビー中止の背景

 

LDH所属のアーティストが全てフリスビー、サインボールなどの演出をしないことを公言するのは、会社側も苦渋の決断だったのではと思います。

当然、楽しみにしているファンが多いですから、ファンに楽しんで欲しいという気持ちが強いでしょうから…。

 

転売や怪我など、ファンが気持ちよく帰宅できるライブにするための策なのかなと思います。

マナー違反をするファンより、心の底から三代目を応援するファンが圧倒的に多いのはもちろんですから、またフリスビーではなくてもファンを驚かせてくれる素敵な演出があるといいですよね!

関連:ファン感激!!三代目JSBライブに出現し始めたフリスビーマンとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で