三代目JSBのライブはアーティストのなかでも超人気のあるライブ。

そのため、応募は毎回多くて、抽選が大変。

そのなかで、時折開放席という場所が販売されることがあります。
一般販売などが終わったあとに追加で販売されています。その開放席について今回解説します!

Sponsored Link

開放席とは?

開放席2

 

開放席といわれる席はいくつかの3つパターンがあります。

  1. ステージが見えにくい場所の販売をしていなかったが、売れ筋がいいので、あえてステージが見えにくい場所も販売した場合。
  2. ステージ構成などで機材置き場などとして押さえておいた席が必要なくなった場合。
  3. 関係者席が余った場合です。

この席はあまりいい席になることはありませんが、稀に良い席になることもあると言われています。

 

開放席は一般発売のあとに発売されることが多く、直前販売と言われることもあります。事実上チケットを取ることができる最後のチャンスです。
そのため、チケットを取るときは「一般販売もダメだったー。。」と思わずに開放席が出るかもと希望が持てます。

 

チケットキャンプなんてゆう便利なものもあったりします。

チケットキャンプ

ちなみに三代目単独ライブ(METROPORIZ(メトロポリス))の日程別は↓です!ちょっと高めですが、日程によっては良い席が空いていることもあるのでチェックしてみてください☆

11/11のナゴヤドームはコチラ

11/12のナゴヤドームはコチラ

11/17の京セラドームはコチラ

11/18の京セラドームはコチラ

11/20の京セラドームはコチラ

11/21の京セラドームはコチラ

12/9の東京ドームはコチラ

12/10の東京ドームはコチラ

12/16の福岡ヤフオクドームはコチラ

12/17の福岡ヤフオクドームはコチラ

12/18の福岡ヤフオクドームはコチラ

12/24の札幌ドームはコチラ

12/25の札幌ドームはコチラ

開放される理由

開放席が発売される理由ははっきりとは公表されませんが、ステージの構成とチケットの販売数が関係していると思います。

まずステージ構成上、よくない席はあまり販売されません。

バックステージやステージ横のエリアがそうだと思います。

 

チケットを発売するときに、現状のステージ構成からそのことが考えられて販売されます。しかし、ステージ構成が完全に決まるのはチケットが発売される前ではありません。

 

様々な事情や理由からステージの構成が変わっていく可能性もあります。
そのときにステージから見えにくいと判断されていた場所も見えるようになる可能性がでてきます。

そうなると開放席として販売されるのだと推測。

 

また、あまりにチケットが売れるようなら多くの方に来てもらうためにあえて見えにくいバックステージなども開放することがあります。ファンとしてはライブに行けるチャンスが増えてとてもうれしいものです。

 

 

開放席のとり方

 

開放席の取り方はチケットの一般販売のあとにチケット情報をチェックしておくことです。

必ずしも販売されるとは言えませんが、開放席が販売されるのは通常一般販売の後になります。

そのため、一般がだめでもあきらめずに情報をチェックしておくことが大切です。
昨年の【三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 BLUE PLANET】では開放席がローチケで販売されました。

ライブ4

 

しかし、先着順となっていたので、早い者勝ちですね。
なので、開放席を取るときはこまめに情報をチェックして、販売されたら即購入することがいいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Sponsored Link