「登坂広臣さんと今市隆二さんって不仲なの?」と囁かれることが最近になって多くなってきました。

そこで!不仲と言われた原因や臣隆の関係について真相をまとめました!

Sponsored Link

不仲と言われ始めた2つの理由とは?

Rolling Stone🇯🇵

A post shared by OMI / JSB (@3jsb_hiroomi_tosaka) on

「最近、2人が仲が良さそうにみえない」

「なにかあったの?」

と、不仲説が最近特に話題になっています。なぜ、なのでしょうか?

まず原因の1つとして、歌以外の仕事への意識の差が挙げられます。俳優業も精力的にこなす登坂広臣さんとは正反対の今市隆二さんは、歌以外はやらないと断言しています。

今市隆二さんがこう答えたインタビューの時期が、登坂広臣さんは映画ホットロード撮影中だったこともあり不仲説が生まれました。

そして2人の性格が真逆というのも噂の原因なようですね。

一途でひとつのことをこつこつ練習し極める努力型の今市隆二さんと、興味があること様々なジャンルにチャレンジする登坂広臣さん。2人の仕事のやり方が違うことも、不仲説がうまれるきっかけになりました。

ですが、この不仲説は本当なのでしょうか??

「臣隆 双子」と言われるほどの2人の相性度合

臣隆の2ショット

臣隆と検索すると、双子というワードが出てきます。メンバーといえど赤の他人のはずなのに…双子とはどういうことでしょうか?

双子といわれている由来は、2人の動きや発言がシンクロしていることが多いからです。歌番組などで、2人の立ち方や仕草が似ていること、バラエティ番組のトークで同じことを言っているところから、ファンの方が双子のようだと言ったところから始まりました!

今では、twitterやInstagramでも「#臣隆双子」というハッシュタグがあります。

偶然?話題になったクロムハーツの指輪

臣隆のつけていた指輪(リング)

登坂広臣さんと今市隆二さんは、別々の日に同じ指輪をつけていたのでは?とファンの間で話題になったことがありました。

今市隆二さんは、HIGH&LOW京セラドームでのライブ時に、登坂広臣さんはHIGH&LOW THE RED RAINの初日舞台挨拶やMステ スーパーライブ 2016、1曲目「Welcome to TOKYO」の時につけていたのが、クロムハーツの指輪でした。

 

2人の関係性がわかる3つのエピソード

  1. ライブで臣くんが感動して泣いてしまい、歌えなかったときに隆二がとっさに歌ったりしており、「隆二のことを好き」と臣くんがラジオで告白していますし、歌声を絶賛しています。
  2. レコーディングの際、登坂広臣さんと今市隆二さんは特に話し合いをしないといいます。それはお互いがこの曲はこのように歌うだろうと分かっており、自然と自分の歌い方のイメージができてレコーディングが勧められて完成するからなのだとか。
  3. ツアー中に誕生日を迎えた隆二にサプライズ!臣くんがケーキに似たアイスクリームを買って行き、0時になった時にホテルの部屋に他のメンバーと押しかけてお祝いしたそうです。

さらに、もっと詳しく2人の仲がわかるエピソードをまとめました!

 

もっと二人の関係性がわかるエピソード

今市隆二のラジオSPARKに登坂広臣が出演し話していたトークのやり取り

今市隆二がパーソナリティを務めるラジオ番組に、登坂広臣さんがゲストとして登場!

「大人になってから人見知りをするようになった」と話す登坂広臣さんに、「人見知りじゃなくない?嘘でしょ?」と驚いていた今市隆二さんと、「本当だよ。なんでここで嘘言うんだよ(笑)」と笑いながら答える臣くんのやり取りが和やかで神回だったと話題になりました!

Sponsored Link

臣隆のことが分かるNAOTOの名言

メンバーのNAOTOが、2人のことを「隆二が赤の炎、臣が青の炎」と例えています。
性格ややり方は正反対でも、志は一緒でバランスが良いのだとか。本人たちもそれを聞いて納得しているようです!まさに赤と青、ぴったりな例えですよね。

あるインタビューでの今市隆二さんが登坂広臣さんへの思いがピュアすぎる!

今市隆二さんが登坂広臣さんのソロプロジェクトに対して

臣のイメージが投影されているし、ソロの臣らしいアルバムになっているなと思いました。1曲落ち着いたバラードが入っていて、ファンの方は喜ぶんだろうなとか、客観的にもなれましたし、臣が今やりたいジャンルやスタイルが聴いて分かることもあったので、面白かったです。と語っていました。
引用元:https://mdpr.jp/interview/amp/1784121

登坂広臣さんに対する絶対的な信頼と、愛情を感じるコメントですね。

結論として不仲ではなく、高め合い尊重し合う良い関係性は続いていて、色々な経験を通じて接し方も変化してきていると言えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Sponsored Link