チケットボードに関して困ったこと、ちょっとした疑問、質問があって分からないということありますよね。その疑問や質問に回答していきたいと思います。

今回は、yahoo知恵袋にもあった「重複したチケットは定価トレードに出品できるのか?」について考えていきます!

Sponsored Link

重複したチケットは定価トレードに出品できるのか?

今回の具体例をまずみていきましょう!

チケットボードの定価トレードで1枚チケットを購入して、ダウンロードをしました。その後、同じ公演の追加チケットが発売されたので、友人の分と合わせて2枚チケットを申込し、当選しました。後から当選した追加チケット2枚で友人とライブに行きたいのですが、最初に購入したダウンロード済のチケットは定価トレードに出品できますか?そして、後から当選した追加チケットをダウンロードできますか?

という内容です。

定価トレードで出品できる?

定価トレードとは、行けなくなった公演の電子チケットを譲りたい人と、買いたい人をサイト上でマッチングさせて、定価でトレードするものです。

チケットボード 定価トレード

成立すれば、手数料は少しかかりますが、安心安全に取引できます。

この定価トレードは指定した人へ譲渡することはできませんが、出品するチケットの枚数や席は選択できます。

全ての公演で定価トレードが行われる訳ではありません。定価トレードが行われる公演は、チケットボードのトップページの定価トレードの欄に掲載されます。

チケットボード 定価トレード欄

又、定価トレードが行われる公演のチケットに当選した方のマイページにも掲載されます。定価トレードに出品できる期間を確認しましょう。

チケットボード 定価トレードお知らせ

定価トレードに出品するには

  1. 「マイページ」→「申込・購入履歴」
  2. チケットを出品する公演を選択
  3. 「行けなくなってしまった場合はコチラ」→「定価トレードに出品」を選択

で出品する席を選択すれば完了です。トレードが成立した場合には、メールが届き、手数料を差引かれた代金が返金されます。

チケットボード トレード成立画面

このように、安心、安全にチケットの取引ができる定価トレードですが、定価トレードが行われる期間は決まっています。

ご質問では、最初に定価トレードでチケットを購入されたとありますので、すでに定価トレードの期間は過ぎていることになります。

したがって、再度定価トレードでチケットを譲渡することは出来ません。どうしても譲渡したい場合は、ダウンロードしたQRコードをメールで送付しましょう。

もし、定価トレードの開催期間内で、チケットを出品することが出来て、トレードが成立した場合は、ダウンロードしたQRコードは自動的に無効となります。

チケットはダウンロードできる?

最初に定価トレードで購入したチケットはダウンロードしているとのことですので、後から購入したチケットは同じIDでダウンロード出来ません。

そもそも重複でチケットが当選したこと自体が不思議なのですが、LDHアーティストの場合起こる場合があるそうです。

LDHアーティストの場合、申込者変更ができるので、後から購入したチケットの申込者を同行者へ変更して、新たに申込者となった同行者からチケットの分配を受けるという方法になります。

 

まとめ

今回の事例では、

  • 再度の定価トレード出品はできない
  • 後から購入したチケットは同じIDでダウンロードはできない

ということになります。

チケットボードは公演によって申込条件が異なるので、変更や譲渡の混乱が起こることがあります。チケットの申込をする際に必ず注意事項を確認するようにしましょう。

チケットボードでは一つのIDにチケットは1枚となっています。それなのに重複当選することはあってはならないことだと思います。今後、チケットボードのシステムで改善されないといけませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Sponsored Link